賃貸での原状回復とは

賃貸退去の際の注意点

トップ / 賃貸退去の際の注意点

ガレージ付物件情報

賃貸物件の退出時に関して

賃貸物件を借りていて、そこに住んでいたとします。そこで、退出時に、原状回復をした費用をとられたりする場合がありますが、その度合い、程度などは、管理会社に関係しています。例えばタバコのヤニの汚れなどは、日常生活において、やむない汚れと認め、その汚れをとる費用に関しては、請求しないというところもあれば、壁紙総取替えの費用を請求するところもあります。その点に関しては、賃貸物件に入居前に必ず確認しておいたほうがいいと思われます。管理会社の言う原状回復と、こちらのそれとは、食い違いが発生する可能性が、十分考えられるわけですから。

原状回復はどこまでするの

賃貸住宅を借りた際に気になるのが原状回復です。入居時に敷金を預けていますが、少しでも敷金を返してもらえるよう、入居中は気を使って丁寧に住み、退去時には綺麗に掃除をして出て行く人も多くいます。敷金は原状回復の為に使われるのですが、通常入居の経年劣化もあるため、法律上では全額負担ということはありえません。が、契約書を確認し、和室がある場合は和室の表替え料金等でとられてしまう事が殆どです。悪質な場合は綺麗な壁紙の取替え代も入ってしまうことがあるので、敷金使用時の明細をきちんと確認し、賃貸物件の契約書と照らしあわせてみてください。