投資目的の賃貸物件

不動産減価償却について

トップ / 不動産減価償却について

ガレージ付物件情報

賃貸経営は減価償却が大事です

賃貸経営で重要な用語の一つに減価償却があります。土地は価値の減らない資産ですが、建物は徐々に価値が減っていきます。その際に建物の耐用年数を決めて、その最終年になるまで毎年減価償却費として費用を計上していくことができます。賃貸経営でそれがどうして重要になるのかというと、費用として財務諸表に計上されるにしても、お金が出ない項目だからです。お金が出ないのに費用として計上されるとどうなるのかというと、それだけ税金の計算のときに節税になるということです。ですから、きちんと税法の限度額まで費用計上しないと損をすることになります。

不動産の減価償却に注意する

不動産投資において、賃貸経営は比較的敷居の低い方法です。不動産や株式の売買のように相場などの影響をあまり受けることがなく、資産としての不動産を所有しながら、賃料としての収益を得る事が出来るからです。また、長期的な収益を期待する事もできます。しかし、不動産は経年劣化による減価償却が避けられません。賃貸経営では、この減価償却の分、具体的には、定期的な保守点検や、不動産そのものの補修に必要な費用を考慮しておく事が重要です。長期の運用と経年劣化は、必然的に相伴うものであることを意識して運用する事が重要なのです。