外国人の賃貸暮らし

外国人の賃貸借の難しさ

トップ / 外国人の賃貸借の難しさ

ガレージ付物件情報

賃貸に住むのに苦労する外国人

現在の日本では、日本で働いている外国人や留学生が、自分のマンションやアパートを借りようとすることを快く思わない大家も多いのが現実です。しかし、このような人たちに喜んで賃貸マンションやアパートを貸してくれる大家もいます。貸してくれる大家を見つけることができても、外国人には日本独特の敷金や礼金といったシステムを理解するのは難しく借りるまでが一苦労です。特に連帯保証人については日本人でなければ認められないことも多く、日本人に連帯保証人を頼むことができない方は、保証会社を使用すれば賃貸物件を借りることができるようになります。

外国人であるということ

昔に比べたら外国人をスーパーなどを街で見かけることが多くなりましたが、やはり日本には日本人のほうが多いです。そのため、外国の方が日本に住もうとなるといろいろ大変なようです。観光などでホテルに泊まるのは容易ですが、賃貸に住もうとなるとなかなか受け入れてくれるところも少ないといいます。保証人の問題だったり、家賃を払わずに国に帰ってしまったり、そういったトラブルが起きるのではないかと懸念されているそうです。その他にも文化の違いから、賃貸物件に土足で上がって生活したり、ホームパーティーなどを開いて騒音を起こすのではないかと心配されるそうです。